最新情報NEWS

  • 塗装工事 ベランダ防水工事 解体工事 他、色々編 Part2

    塗装工事 ベランダ防水工事 解体工事 他、色々編 Part2

           

           

    今回は、色々な施工事例のご紹編 第二弾となります!

             

    施工前・施工後がとても分かりやすいので、素敵にキレイに変わる様子をご覧下さいませ。

    濡れ縁・テラスなどもご紹介致しますので、ぜひ今後の参考になさって下さいね😊

         

             
           

             

           

         

                     

    濡れ縁の塗装作業となります!

       

     

    既存の濡れ縁が、雨・風や太陽の日差しにより、塗装が剥げるなどの経年劣化が著しいため、塗装のご依頼をいただきました。

    今回は木材の腐食もなく、塗装をしてのお色直しとなります。

             

             

    ● 濡れ縁(ぬれえん)とは ●

             

    皆様は「濡れ縁」と言う言葉を聞いたことはありますか!?

    昨今では、あまり流通していない言葉だと思いますが、「縁側」というとピンとくる方も多いと思います。

    この縁側の部分が外にでたものを「濡れ縁」と言います。

             

    では「縁側」と何が違うのかと言うと、縁側部分に屋根(軒)がなく雨ざらしになるということが大きな違いです。

    つまり「濡れてしまう縁側」という意味合いも込めて「濡れ縁」と言う呼び名になったと言われています。

             

    昔ながらの名称を読み解いたり、調べたりすると風流で素敵なネーミングだとつくづく実感しますね😊

           

       

           

             

    ● 「濡れ縁」と「縁台」の違いは? ●

           

           

           

       ◆ 濡れ縁 ◆                ◆ 縁台 ◆

             

       

             

    ● 「濡れ縁」と「縁台」の違いは? ●

             

    「濡れ縁」とは ☞ 名前の通り、雨が降ると必ず濡れるもの。

              濡れ縁の本来の形は、縁側(吐き出し)の部分にに固定します。

             

    「縁台」とは  ☞ 持ち運びが出来て必要な時だけ使用するもの。

              簡単に言うと、ベンチのような扱いとなります。

           

           

    それでは、濡れ縁とウッドデッキとでは何が違うの?と思われる方も多いと思います。

             

    正直なところ、違いとしてはかなり曖昧な意味合いになってしまいますが

    簡単に申し上げますと「和風住宅にあるのが濡れ縁」「洋風住宅にあるのがウッドデッキ」

    というような回答が分かりやすいかと思います。

           

       

               

        ◆ウッドデッキ◆            ◆ウッドデッキ◆

         

           

    最近では和風建築の住宅が見直されており、和のテイストを織り込んだ

    「和風モダン」といったジャンルも増えてきていますので、和風・洋風のラインもかなり曖昧になってきています。

    そのため、一概に「和風=濡れ縁」「洋風=ウッドデッキ」と分けることはできませんが

    昔ながらの日本建築にあるものは、濡れ縁と呼んで差支えないと言えるのではないかと思います。

           

           

    お住まいには沢山の木材が使われていますが、濡れ縁など直接的に雨や紫外線に晒されることが多い部分は

    劣化が著しく表れやすい所になります。

    皆様もご存じの通り、木材は生き物ですから呼吸をしながら伸縮を繰り返していますが

    そのままの木材をお住まいに使用してしまうと雨や紫外線に害され、木部は蒸発したり腐敗を起こしてしまいます。

             

    木部の腐敗を防ぎ、木材の呼吸を妨げないようにするためには、木材専用の塗料を定期的に使って塗り替えや

    木材自体の交換などのメンテナンスをお奨めいたします😊

         

           

                             

     

       

               

       

             

    小山市西城南にてテラス施工となります!

         

    テラスにオプションとして、目隠しのパネルも設置しました。

    お隣りの視線を気にせず物もおけますし、お洗濯も干せるので安心です😊

                 

    今回は掃き出し窓に取り付けた訳ではないので、皆様が思う「テラス」ではないかもしれませんね!

    皆様はテラスというと、掃き出し口やベルコニーに設置してあるものを想像すると思います。

           

    お住まいのデッドスペースに このようなテラスを設置することにより、物置より安価で作成がきますし

    自転車の出し入れやお洗濯物も干せるので、日々の生活サイクルを変えることなく便利に生活していただけます。

         

             

    サイクルポートと称したものは完全に独立した状態で施工したり、外壁に柱を設置して屋根は外を向いた形が多のですが

    外部からダイレクトに自転車やバイクの搬入がしやすいため、そのような造りになっているのですね!

             

    掃き出し窓やバルコニーに屋根のある設備を取り付けたい場合

    サイクルポートのように屋根が外を向く造りですと、柱が外壁側になるため

    掃き出し口・バルコニー側の窓からの出入りが困難になり、日々のストレスになる可能性があります。

           

     

                 

    画像を見ていただくと、サイクルポートはカーポートを小さくしたものとお考えいただくとわかるように

    独立した造りで施工することが多いため、カーポートのように基礎からの着工となります。

    片側だけで本体を支えるため、基礎からしっかり加工していかないと倒壊の恐れがでてきてしまいますが

    テラスのような造りですと、画像フェンス側に柱を立てても普段の出入りの邪魔にはならず

    屋根の先端は外壁で支えてあるので安心なのです。

           

             

    ざっくりとたご説明になりましたしたが、わたしの説明が大正解でもなく

    それぞれの使い道・利点があると思いますし、お客様のご利用目的、設置スペースなどケースバイケースですから

    ご要望に応じた商品をご紹介させていただき、満足のいくものをご提案させていただきます😊

           

     

             

           

             

    昨今ではインターネットでの情報も多く

    お客様ご自身で色々お調べになっている方も多いですし、情報も溢れています。

    これは消費者側にとってはとても強い味方となります。

             

    ただ情報が溢れていると、どうしても選択肢が増え「どれがいいのか」「何をしたかったのか」など

    本来の目的からズレてしまうことが少なくありません。

    また自己の判断で「これは無理かな」など思い込んでしまう場合もございます。

           

    インターネットの情報が豊富であることは、私たち消費者にとってはとてもありがたいことですが

    迷われたときは、長年施工に携わっている業者へお問合せいただくことが1番の近道といえるのです。

             

    しかしながら「問合せをしたら断わりづらい」など、お思いの方も多いと思いますが

    お問合せやお見積りをしたからと言って、必ずしも施工をしなくてはならないなんてことはありません!

             

    お客様の大切なお金を使って、各種施工やリフォームをするのですから

    寄り良いご提案をすることを心掛けておりますので

    現場の声を直接聞いていただき、ご確認・ご判断されることをお奨め致します😊

           

    自分では考えもしていなかった!思いもしていなかった施工方法をお伝えできるかもしれませんよ🎵

           

           

    かく言うわたしも、業者さんや専門の方にお話しを聞いてアドバイスをしていだき

    「こんな考え方があったのか!」「自分のやろおうとしていたことより安価で画期的だった!」なんてこともありました😊

         

             

    リピートをして下さったお客様は、安心していただいていることと思いますが

    100円200円のお話ではございませんので、ある程度の予備知識として

    インターネットや知人のご意見を参考にしていただくと良いのかなと思います!

           

             

    そのうえで専門の業者へお問合せしていだきますと、お客様自身も工程説明のご理解が深くなることと思っておりますので

    わたくし荒川とともに、よりよいお住まいを作り上げてまいりましょう!!

             

                   

         

         

    正直、申し上げますと「荒川塗工」「リフォームサービス」は大幅なお値下げはしておりません。

           

    弊社では、中間マージンを大幅にカットしており、そのぶん高品質のものをお安くご提供しているからです。

    安かろう悪かろうを絶対的に避けており何十年先を見据えて厳しい目で施工をしています。

    大幅な値下げ・お安く施工をするには、それなりのからくりがあると思っても過言ではございません。

     

         

    弊社はお客様と長いお付き合いを1番に考え、10年後20年後にもお声掛けいただくことをモットーとしております!

             

    価格のみでの勝負ではなく、お客様からの信頼と腕に誇りをもっておりますので

    ご縁があり、この記事をご覧いただいたお客様には、弊社の在り方を知っていただければ嬉しく思います😊

     

             

       

           

     

                       

                 

             

    もちろん、わたくし荒川が自ら現場へ致しますので、ご不安を解消のお手伝いをさせていただきます!

    初めてのお客様が不安に感じるのは最もなことです。

    こんな質問はおかしいのかも!?などは全く心配されずに、お気軽にお声かけ下さいね😊

               

             

         

         

     
       

       

           

                 

    次回は 塗装工事 ベランダ防水工事 解体工事 他、色々編 Part3続きます!