最新情報NEWS

  • 野木町 Y邸様 屋根塗装 外壁塗装 その2 ●外壁クラック補修編●

    野木町 Y邸様 屋根塗装 外壁塗装 その2 ●外壁クラック補修編●

     

           

    外壁クラック補修

    外壁の表面にひび割れが出てくるのが特徴です。 ひび割れにはヘアークラック、構造クラック、乾燥クラック、縁切れクラックなど種類があり すぐに補修工事をする必要がないものもあります。 ただしそのままにしておくと内部が劣化するひび割れもあるので早めの対処をおすすめします。

    軽度  0.3mm以下  注意して見守り

        0.3mm以上  点検・相談

        1mm以上   点検と必要な補修

    重度  3mm以上   今すぐ補修が必要

         

                   

                 

     

       

               

    Vカット処理

    ヘアークラックの場合はシールやフィーラーの擦り込みでOKなのですが

    割れ幅の大きいクラックの場合、手順が変わってきます。

    今回の場合、比較的割れ幅が大きいため、Vカット処理をしました。

    クラックは、見た目以上に内側が大きく割れていることもあるので

    我々が細かい現調のもと判断して施工していきます。

    まず、クラックに沿ってサンダーで切込みをいれるので、Vカットと呼ばれていいます。

    サンダーで削っていくと見た目には分かりにくいので

    あれ?と気づいた時にはお問合せいただくのが1番かもしれません😊

       

           
         

             

           

    Vカット処理⇒コーキング処理

    Vカットが終わると、コーキング材を充填するすのですが 密着を高めるためにプライマーを塗布していきます。 じゅうぶん、シーリング材で充填しますが コーキング材だけでは痩せてしまいますので、この後は左官処理を行います!

     

                   
             

                     

         

    パテ補修⇒完成!!

    はみ出してしまったコーキング材などを平らにならしていく作業です。

    綺麗にならした後は、元々の外壁の色に近い色にするため 塗料を調整をして色を作っていき、施工箇所を目立たなくさせて完成です! 色の褪せ方で色味も変わってくるので、近いお色でいかに目立たなくさせるのが 私たちの仕事となりますが、年数やクラックの状況によっては 補修ヶ所がわかってしまう場合もありますので、ご了承いただけますと幸いです。

           


           

               

                 

     

    次回は、野木町Y邸 その2 外壁塗装編に続きます!